RSpec,Ruby

こんにちは、しきゆらです。
今回はRSpecで特定の場合だけ動く・動かないようなテストを書く方法を知ったのでメモしておきます。

やりたいこと

ログイン周りのテストをCIで実行したくない

書いていたコードとしては、Seleniumを使ってWebサービスのテストを書いていました。
諸々のテストはいいんですが、ログイン周りのテストは2段階認証などがあるため、Waitをかけて人の手で操作していました。

このRSpecをCI上で動かそうとしたとき、ログイン周りだけは止めたい!
というのが一番初めにあったやりたいことでした。

特定のクラスを継承している場合は実行したくない

合わせて、コードの中で特定のクラスを継承している場合のみこのテストを実行したい、ということもありました。
RSpecはテストを共通化する仕組みがあるので、それを使ってテストコードを共通化していたのですが
一部共通化していたテストの中で、ちょっとまずい事態が出てきました。
上記に関連してSelenium周りなんですが、Seleniumを使うクラスとSeleniumを使わないクラスが出てきたことで共通化していたテストの一部がSeleniumを使わないクラスでは必要なくなるということが起きました。
共通化していた部分を分けてSelenium用の共通コードとSelenium使わないクラスの共通コードに分ければいいんでしょうが、両方とも分類的には同じくくりなので名前を分けるだけだと、名前が似てしまってごちゃっとしてしまいそうでした。

これを回避するために、共通化しているSpec側で実行されているクラスを判定して、必要ない場合は実行しないような世界を作りたかったんです。
こちらも併せて方法が分かったのでメモしておきます。

Linux,Windows,環境構築

こんにちは、しきゆらです。
今回は、MySQLをまっさらな状態からインストールして最初にはまるであろうルートパスワードの設定方法で詰まったのでメモしておきます。

毎回MySQLの初期ルートパスワードで詰まる

これまで、5.xのころからMySQLさんを使ってきましたが、バージョンの違いなのかディストリビューションごとの差異なのかはわかりませんが、初期状態のルートパスワードが変わります。
パスワードなしでログインできたり、どこかにあるログファイルにかかれていたり、いくつかバリエーションがあるようです。

今回、MySQL8.xをインストール後にルートユーザとしてログインしようとしてもログインできませんでした。
パスワードなしでアクセスしても怒られ、ログがそもそもどこにあるのかわからず完全に詰んでいました。
そんな中、過去の記憶を掘り起こしたところ、MySQLの初期化コマンドでルートパスワードを設定していたことを思い出しました。
secure_mysql_installationコマンドです。

Ruby

こんにちは、しきゆらです。
今回は、Rubocopの更新を追っていたときに初めて知ったことをメモしておきます。

Rubocopさんは、Rubyを書く方は大半使っているのではないか、と思われる静的コード解析ツールです。
設定により、メソッドの長さやネストの深さなどを制限することで読みやすいコードを書く手伝いをしてくれる頼もしいツールですね。

そんなRubocopさんですが、先日0.90.0がリリースされました。
使っているGemの更新履歴をある程度追っているため、更新内容を確認していたところ今回の更新でも新しい項目が追加されていました。
それが、Lint/UselessMethodDefinitionです。

There are at least 2 cases:
・empty constructors – this may be just overriding parent’s constructor, but this is bad anyway
・methods just calling super

https://github.com/rubocop-hq/rubocop/issues/8472

ということで、空のinitializeメソッドやsuperしか呼び出していないメソッドを怒ってくれるというものです。
内容的には妥当なcopではないかと思います。
必要ないものは書くべきではないですね。