Ruby,プログラミング

こんにちは、しきゆらです。

今回は、タイトルにある通りCSVに関するメモです。

 

時々触ることになるCSVですが、普通のDBでいいじゃん、って思いませんか?

私はそう思ってあまり触ってこなかったんですが、DBを適当に作ると後々変更しにくくなるということにようやく気付きました。

そこで、今回は忘れないうちに基本的なCSVの触り方をメモしておきます。

 

Ruby,プログラミング

こんにちは、しきゆらです。

昨年に投稿した「【Ruby】メールを送受信する」のプログラムを書き直す機会があったので、改めて書いておきます。

 

上記の投稿に載せたスクリプトをクラスに直して、いくつかのバグを修正しました。

その結果はこれ

require 'net/smtp'
require 'json'
require 'base64'

class SendMail
  def initialize(to: 'to@mail.com', from: 'from@mail.com', option: {})
    # 引数を取り込む
    @smtp_option = {
      server:        'smtp.gmail.com',
      port:            465,
      authentication: :plain,
      ssl:             true, 
    }

    @smtp_option.merge!(option)
    # 認証情報を合わせ
    @smtp_option.merge!(load_secret)
    @from = from
    @to = to
    @date = Time.now.strftime("%a, %d %b %Y %X")
  end

  # パスワードとかを記しておくもの
  def load_secret
    File.open("./secret.json") do |file|
      JSON.load(file)
    end
  end
  
  def create_subject(subject)
    str = ""
    Base64.encode64(subject).split("\n").each do |string|
      str += "=?UTF-8?B?#{string}?= "
    end
    return str.rstrip
  end

  def create_body(subject: 'sample subject', body: 'mail main body')
    @message = <<EOS
Date: #{@date}
From: #{@from}
To: #{@to}
Subject: #{create_subject(subject)}
Content-Type: text/plain; charset=UTF-8
Mine-Version: 1.0

#{body}
EOS
  end

  def send(subject: "test mail", body: "this mail is test!")
    count = 0
    begin
      create_body(subject: subject, body: body)
      mail = Net::SMTP.new(@smtp_option[:server], @smtp_option[:port])
      mail.enable_ssl if @smtp_option[:ssl]
      mail.start(@smtp_option[:server], @smtp_option["mail"], @smtp_option["pass"])
      mail.send_mail(@message, @from, @to)
      mail.finish
    rescue => e
        count += 1
        if count < 10 then
          puts "retry"
          retry
        else
          puts e.class
          puts e.message
        end
    end
  end
end

 

極力外部のライブラリを使わずにメール機能を実装してみました。

使っているのは、標準添付ライブラリのみ。

 

基本的な使い方

SendMailクラスのインスタンスを作るときに送信先、送信者のメールアドレスとオプションを渡します。

オプションでは、smtpサーバ名・ポート番号・SSLを使うかどうかなどを連想配列で渡します。

 

認証情報をsecret.jsonというファイルにJSON形式で書きます。

例えば以下のような感じ。

{"mail": "mail@mail.com","pass": "password"}

これを読み込んで使うようになっています。

 

デフォルトでは、Gmailのsmtpサーバを利用するようになっています。

Googleで2段階認証を設定している場合は、ログインするためのパスワードでは認証できません。

これに対しては、アプリケーション用のパスワードを作成して、secret.jsonに書きます。

作成方法は以下あたりから。

 

送信するときは、そのままsendメソッドを使います。

引数として、subjectとbodyを文字列として渡してやります。

これだけでメールを送ることができます。

一定のタイミングで通知を送るとか、使い方はそれなりにありそう。

 

件名の文字化け対策

また、以前のスクリプトでは件名が文字化けしてしまいます。

これをなんとかするために、create_subjectでいい感じに変換しています。

参考としたのは、以下のサイトたち。

charsetを指定しただけでは件名が化けてしまうようです。

どうも、アスキー文字のみしか使えないようです。

これをなんとかするためには、

=?CHARSET?B?エンコードした文字列?=

という形で書かないといけないようです。

UTF-8で場合は

=?UTF-8?B?エンコードした文字列?=

とします。

エンコードはBase64というものを使ってエンコードしています。

 

また、一定の文字数で区切らないといけないようです。

これに関しては、Base64でエンコードするといい感じのところで区切り文字を入れてくれます。

そこでsplitして、それぞれの文字列を上記のフォーマットで囲ってやっています。

 

 

ブログを見ると、メールを書くプログラムをいつかいたのかと思ったら約1年前だったとは。

久々にこの遺産が役に立ったので、驚きました。

思いついたら書いて、保持しておくのは大事なんだなと思いました。

 

おわり