Mac

こんにちは、shikiyuraです。
今回は、タイトル通りMacでcronを使わずにコマンドを定期実行する方法をメモしておきます。

コマンドを定期実行するためによく使われるものは、cronだと思います。
私も、今回のことがなければ真っ先に思い浮かぶものはcronです。
Macにもcronはあるようですが、権限やOSのセキュリティの壁などにふさがれて気軽に動かせないようです。

参考

では、どうすればいいのか。
Macに入っているlaunchdというものを使えばいいのです。
launchdとは、デーモンとエージェントを管理してくれるものです。
Macの「ターミナル」でのlaunchdを使ったスクリプトの管理 – Apple サポート | https://support.apple.com/ja-jp/guide/terminal/apdc6c1077b-5d5d-4d35-9c19-60f2397b2369/mac

裏側で自動起動させたり、定期的にコマンド実行させたりすることも可能です。
では、こいつらを使ってcronの代わりに特定コマンドを定期実行できるようにしてみます。

Windows,環境構築

2020/08/19追記

Win環境を構築しなおして、こちらの手順をやったところうまくいきませんでした。
まとめ直した記事を公開していますので、よろしければこちらもよろしくお願いします。
【WSL2】Ubuntu20.04でPID1をSystemdにする

本文

こんにちは、しきゆらです。
今回は、前回なんとか動くようになったsystemctlについて調べなおしつつ、きちんと動くようになったので改めてメモしておきます。

前回、【WSL】WSL2でMySQL8.0が動かないのを解決するにて、mysqlを動かすために systemctlをごにょごにょして動くようにしました。
ひとまず動くようにはなったんですが、自動起動させてもきちんと動いてくれず困っていました。
今回は、そもそもなぜsystemctlさんが動かないのかを調べつつ、解決方法が見つかったのでメモしておきます。

Windows,環境構築

こんにちは、しきゆらです。

気が付いたらWSL2が正式対応になっていました。
いい時代になりましたね。
Linux環境のためにWindowsに仮想環境を立ち上げたり、高いMacに移行しなくても、お手軽に開発環境を整えることができるようになりました。

開発環境もWindows、面倒が少なくてよい。

さて、先日PCを組みなおしたためOSがまっさらになっていたので、改めてWSL2の環境構築を行いました。
そんな中で、MySQL8.0を使おうとしたときに詰まったので、その様子と解決までの流れをメモしておきます。
(組みなおしたPCについては、興味がないと思うので書きません)