Windows,環境構築

こんにちは、しきゆらです。
今回は、WSL2上で動いているUbuntu自体のアップデートをしようとして詰まったのでメモしておきます。

Ubuntuは半年に1回大きめのアップデートが入ります。
こいつをインストールするためのコマンドがdo-release-upgradeです。

このdo-release-upgradeさん、WSL環境で実行しようとすると、最初のパッケージのリストを取得した後に失敗します。
何度やっても落ちるので、もしやと思いsystemdのPIDを1にした状態で実行するとうまくいったのでその時のメモです。

Windows,環境構築

こんにちは、しきゆらです。
今回は、もう何回書くのか、という勢いで書いているWSL2上でsystemctlを使うための手順です。
またもやOS入れ直しで環境リセットしたので、再度入れようとしたところ以前の手順では不十分だったのでメモしなおしです。

とはいえ、使うものは天下のgenieです。
https://github.com/arkane-systems/genie

JavaScript

こんにちは、しきゆらです。
最近はGASをよく書いています。

そんな中、GASを書いていて困るのは「コードにパスワードとかを直書きしたくない」ということ。
環境変数のようなものがあればいいのに・・・と思っていました。

探してみると、一応それっぽいものは用意されていました。
それが、PropertiesServiceというもの。
ドキュメント:https://developers.google.com/apps-script/reference/properties/properties

こいつを使えば、コードに書きたくない隠しておきたいものを置いておくことができます。

ということで、今回はPropertiesServiceの設定方法や使い方をメモしておきます。