Ruby,Windows,環境構築

2020/08/19 追記

こちらの記事が割と検索に引っかかってみてくれているようなので追記しておきます。
最近関連した記事を追加したので、よろしければこちらもどうぞ。
【Ruby/Win】Windows上のAtomからWSL2上のrubocopを利用する 2020年版

本文

こんにちは、しきゆらです。
今回は、Windows上でRubyの開発環境を整える方法をメモしておきます。

以前までは、DockerやWSLを使って開発ができそうな状態までをメモしてきました。
しかし、少し前に画期的なものがMicrosoftから発表されました。
そう、WSL2です。

以前までのWSL(以下、WSL1)から大きく改善され、個人的には普段使いできるのでは?という状態までなっています。
今回は、WSL2を導入してWindows上でRuby環境を構築、rubocopで変なコードを怒ってもらうところまでをまとめます。

日記

先日、プルリクを送るとLGTMとだけ返ってきました。
最近話題(?)のLGBTかと思いましたが、違いました。

調べてみると「Looks Good To Me」の頭文字をとったもので「いいと思うよ」程度の意味らしい。
つまりは、コードを見たけど問題ないと思うよ~ってな感じでしょうか。

Looks Good To Me

言わずと知れたマージトリガー

参考:https://qiita.com/kenboo/items/d18bf97354f4d5b42cdf

初めて書かれると何を言ってんだ???と思いますが、わかれば4文字で伝わるので良さそうですね。
しかし、こういうのをどこかにまとめておいてほしい。
所見では確実にわからないと思いました。

 

おわり