Ruby,Windows

こんにちは、しきゆらです。
今回は、RSpecで同じ処理を書くことを避ける方法を知ったのでメモしておきます。

 

Railsにてテストを書いているときに、同じようなことを書いてるなぁと思うことがあります。
例えば「このAPIはユーザがいることが前提だ」となると、以下のようなことをいろんなテストで書くことになります。

[ruby]
before do
user = FactoryBot.create(:user)
end
[/ruby]

同じことを書くのは無駄ですよね。
何より繰り返し!修正面倒!!

ということで、このように特定の時に共通する処理を実行してほしい時にどうすればいいかわからなかったので、調べてみた結果をまとめます。

 

Ruby,Windows

こんにちは、しきゆらです。
今回は、RailsとRSpec、DatabaseCleanerを使った環境で起こったちょっとした問題と、(その場しのぎな)回避方法をメモしておきます。

Rails6環境で、DatabaseCleanerというGemを使ってテスト環境を毎回きれいにするようにしています。
そんな中、テストを複数実行すると2回目以降で以下のように怒られる現象に悩まされていました。

[bash]
ActiveRecord::NoEnvironmentInSchemaError:
Environment data not found in the schema. To resolve this issue, r
rails db:environment:set RAILS_ENV=test
[/bash]

 

調べてみると、これは「DBに保存されている環境情報がないから、それを設定してね」というメッセージとこのと。
https://blog.freedom-man.com/no-environment-in-schema-error

実際、上記のコマンドを実行した後にDBを確認するとしっかり情報が入っていましたが、テストを実行した後にはきれいさっぱりになっていました。

[sql]
# rails db:environment:set RAILS_ENV=test を実行した後
mysql> select * from db_name.ar_internal_metadata;
+————-+——-+—————————-+————–
| key | value | created_at | updated_at
+————-+——-+—————————-+————–
| environment | test | 2019-09-23 13:21:49.081104 | 2019-09-23 13
+————-+——-+—————————-+————–
1 row in set (0.00 sec)

# specを実行した後
mysql> select * from rts_test.ar_internal_metadata;
Empty set (0.00 sec)
[/sql]

これでは、確かに毎回設定しないといけません。

しかし、これはおかしな話です。
テストを回すたびに同じ環境情報を入れるなんて面倒でしかありません。

DBの情報がまっさらになっているので、DatabaseCleanerさんが悪さをしている可能性があります。
さらに調べてみると、(だいぶ古いですが)どうやらすでにissueとして報告されているようでした。
https://github.com/DatabaseCleaner/database_cleaner/issues/445

そして、最近これに関連したPRが動いているようです。
https://github.com/DatabaseCleaner/database_cleaner/pull/588
コードを見てみると、上記のar_internal_metadataを削除しないようにしてくれているようです。

しかし、執筆時点ではまだマージされていないので次のバージョンアップまで待ちましょう。
どうしても待てない!という場合は、diffを参考にコードを編集すればとりあえず回避することはできます。

今回はここまで。

おわり

Ruby,Windows

こんにちは、しきゆらです。
今回は、Railsと戯れている中で起こったちょっとした問題を何とかしていきます。

なお、環境としてはWSL2上のUbuntuにrbenvでRubyをインストールしているところで起きました。

状態としては、気が付くとタイトルの通り「rails c」とコマンドを打つと以下のような警告が出るようになっていました。

[bash]
/home/user_name/.rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/2.6.0/fileutils/version.rb:4: warning: already initialized constant FileUtils::VERSION
/home/user_name/.rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/fileutils-1.2.0/lib/fileutils/version.rb:4: warning: previous definition of VERSION was here
/home/user_name/.rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/2.6.0/fileutils.rb:1267: warning: already initialized constant FileUtils::Entry_::S_IF_DOOR
/home/user_name/.rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/fileutils-1.2.0/lib/fileutils.rb:1267: warning: previous definition of S_IF_DOOR was here
/home/user_name/.rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/2.6.0/fileutils.rb:1540: warning: already initialized constant FileUtils::Entry_::DIRECTORY_TERM
/home/user_name/.rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/fileutils-1.2.0/lib/fileutils.rb:1547: warning: previous definition of DIRECTORY_TERM was here
/home/user_name/.rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/2.6.0/fileutils.rb:1542: warning: already initialized constant FileUtils::Entry_::SYSCASE/home/user_name/.rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/fileutils-1.2.0/lib/fileutils.rb:1549: warning: previous definition of SYSCASE was here
/home/user_name/.rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/2.6.0/fileutils.rb:1595: warning: already initialized constant FileUtils::OPT_TABLE /home/user_name/.rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/fileutils-1.2.0/lib/fileutils.rb:1602: warning: previous definition of OPT_TABLE was here
/home/user_name/.rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/2.6.0/fileutils.rb:1649: warning: already initialized constant FileUtils::LOW_METHODS /home/user_name/.rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/fileutils-1.2.0/lib/fileutils.rb:1656: warning: previous definition of LOW_METHODS was here
/home/user_name/.rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/2.6.0/fileutils.rb:1656: warning: already initialized constant FileUtils::METHODS /home/user_name/.rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/fileutils-1.2.0/lib/fileutils.rb:1663: warning: previous definition of METHODS was here
[/bash]

 

特に大きな問題はないのですが、気持ち悪いので何とかならないかと調べてみました。
すると、同様の問題に直面している人がいました。

FileUtilsのGithubにissueとして挙がっていました。
その中に、暫定的としながらも解決法がありました。

temp solution
gem uninstall fileutils
gem update fileutils --default

fileutils conflict in Ruby 2.5.1 #22 | Github

ひとまず、エラーはなくなりました。
同じような問題で気持ち悪い思いをしている方は、お試しを。

 

今回は、ここまで。

おわり