Linux,Mac

こんにちは、しきゆらです

今回は、MacやLinuxに(おそらくデフォルトで)入っているであろうrsyncコマンドについてメモしていきます

 

そもそも、どうしてこれを知ったかという経緯から

 

これまで、Webサイトを作るということを1年半ほど行ってきましたが

その中で、サーバへファイルを送る、ということを何度も行いますよね

 

Windowsを利用しているときはWinSCPを使ってましたが動作が遅くFileZillaを利用していましたが

  1. エディタでコードを書く
  2. FileZilla(WinSCP)でサーバへ転送
  3. PuTTYでサーバへログインしユーザディレクトリに転送したファイルをサーバルートへ移動

という3工程をコードを変更するたびに行っていました

(もっといい方法あるよ!って方は教えて下さい・・・)

 

しかし、毎度手順ごとにウィンドウを切り替えるのは面倒

ということでscpというコマンドを利用すればコマンドだけでファイル転送ができることを知ります

手順の2,3を一つのツールでできるわけです

 

Macを買い、エディタとしてEmacsをメインとして使うようになり

ターミナルだけで全ての作業ができるようになりました

 

scpコマンドでファイルを送信するようになると、いちいち変更したファイルだけを送信するのが面倒になり

ソースが入っているディレクトリごと転送するようになりました

ファイルがたくさんあったり回線が貧弱だと、転送自体に時間がかかるようになります

これをなんとかする方法はないものか

と調べていた時に見つけたのがrsyncでした

 

では、scpとの違いはなんなのか

どのように使うのか

ということを続きに書いていきます

Elixir,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

今回は、プログラミングElixirという本を買ったので内容をさらっとまとめてみます

(頑張って公式サイトを翻訳しながら進めていたのが今年初めと知ってビビる昨今・・・)

 

この本については、るびま0054号でも紹介されているのでそちらも参照のこと

日記

こんにちは、しきゆらです

日記を2連続、というのも如何なものかと思いますが・・・

 

最近は、本を読むようにしています

私は本を読むのが遅く、時間がかかるということで

あまり本を読んできませんでした

 

しかし実際に読んでみると、だいたい3時間ほどで1冊が読めるということがわかったので

気になる本があるときは、一気に読むようになりました

 

今回は、最近読んだ本を1冊紹介し、読みたい本を一覧にしてみたのでメモします

[amazonjs asin="4794968868″ locale="JP" title="プログラミングバカ一代 (就職しないで生きるには21)"]

そして、今後読みたい本はいかにまとめてあります

しきゆらの欲しいものリスト

 

詳しくは、続きから

日記

こんにちは、しきゆらです

今回は、タイトル通り最近の1日の過ごし方を書いてみます

 

これまで、学校で過ごす時間のほとんどは作業をしているつもりでした

しかし、1日が終わって振り返ってみると

「あれ、今日何してたっけ・・・?」

と思うようなことが多々ありました

 

これでは、何もしないまま日にちだけが過ぎ

何もできないまま卒業してしまうのでは・・・?

と思い、自分の今日1日すべきことをリストアップして行動するようにしてみました

 

これを実践しようと思ったのは、以下のような時間管理術系の本を読んだことがきっかけです

[amazonjs asin="4873113075″ locale="JP" title="エンジニアのための時間管理術"]

[amazonjs asin="4532111250″ locale="JP" title="時間管理術 (日経文庫)"]

 

これらに書かれている内容は、どれも似ていて

  • すべきことを全て書き出す
  • その中から今日すべきことを見つけ、優先順位をつける
  • それを実行する

これを繰り返すことです

 

こんな単純なことなら、ちょっとやってみよう

と思ってやってみていますが、この方法とてもいいですね

 

だらだらと時間を無駄にしてしまうことが少なくなった気がします

また、リストを作りタスクをどんどん消費していくので

進んでいる、働いているということが目に見えるようになります

 

その他、新しいすべきことが見つかった場合

それにすぐに取り掛かるのではなく、タスクリストに追加し

今は進めているタスクに集中することができます

 

とてもいいですね

人によりけりかもしれませんが

幾つかの本で紹介されているような方法なので

きっと基本なんでしょうね

 

現在は、これを紙面ではなくWeb上で行うツールを作っています

技術的なことも学べる上に、自分の行動もある程度コントロールできるようになる

素晴らしいですね

 

もし、似たような悩みをお持ちの方は実践してみてはいかがでしょうか

おわり

JavaScript,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

タイトルは何を言っているのかわからないかもしれません・・・(語彙力、説明力?不足)

例えば、色を3段階とか10段階とかのような方法で指定する方法を思いついたのでメモ

 

Processingという言語では、色を一定の幅ごとに変化するように指定することができます

colorModeという関数を用いて、RGBからHSLに変更し、合わせて色の幅を指定することで

上記のようなことができます

 

これをJSでも使いたい!

でもどうすれば・・・

と思って調べてみたら、方法を思いついたのでメモ

JavaScript,Ruby,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

 

前回の記事でも書きましたが、最近はJavaScriptをよく書いています

その中で、サーバへデータを送信する時はオブジェクトをJSONとして送信するのが便利だということで

JSON文字列をJavaScriptで作って、サーバへ送っています

 

そして、サーバ側はRubyで書いているのですが

JSON文字列をRubyのオブジェクトに変換するためにはjsonというgemを使います

そこで注意することがあったのでメモしておきます

 

JavaScript,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

今回は、タイトル通りXMLHttpRequestオブジェクトを複数作る場合のメモです

 

XMLHttpRequestオブジェクトをたくさん作る時、似たような記述が多くなってしまい

コードが読みにくい!

これを解決するために、考えついたのが

「XMLHttpRequestオブジェクトを作って返す関数を作ればいいのでは?」

ということ

 

今回は、これについて書いていきます

Linux,Mac,エディター,フリーソフト

こんにちは、しきゆらです
最近メモばっかりですが、今回もちょっとしたメモ
emacsさんで置換する方法
M-x query-replace
としてエンター
M-xはECSキーを押した後にxを押します
もしくは
M-%
としても同様です
上のコマンドを押すと、「Query replace」と表示になるので
Query replace 置換したい文字列
としてエンター
Query replace 置換したい文字列 with: 置き換える文字
としてエンター
あとは、ハイライトされたところを置換する場合は「y」
(置換したくない場合は「n」で次の部分へ)
全てを置換する場合は「!」
とすれば置換できます
・・・別に他のエディタでやればいいんですけど
わざわざ重たいものを起動しなくてもいいということで
覚えておくと、いざという時に役立つかもしれません
おわり

JavaScript,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

今回は超絶短くいきます

 

JavaScriptの配列をまっさらにする方法をば

array = [1,2,3,4,5];
array.length; // => 5
array.length = 0;  // => array は []となる

これは知らなかった

 

おわり

HTML/CSS,JavaScript,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

絶賛ブログ更新期間中ですよ、奥さん

 

タイトルから内容がわかるのかな・・・?

JavaScriptからHTML要素にCSSクラスを複数指定する方法を知ったのでメモ

HTMLに指定するクラスは、CSSクラスと表記します

JSで定義するオブジェクト的な意味でのクラスとは区別するため

 

CSSクラスを一つだけ指定するなら

element.className = "hoge";

でelementにhogeというCSSクラスを指定したことになります

しかし、

element.className = "hoge";
element.className = "fuga";

とするとhogeではなくfugaが指定された状態になってしまいます

<element class="hoge fuga">こんな要素はないよ</element>

という形にする場合は

element.classList.add("hoge");
element.classList.add("fuga");

とすると良いようです

 

なお、CSSクラスを削除する場合は

element.classList.remove("hoge");

とするとCSSクラスを削除できます

 

合わせて

element.classList.toggle("hoge");

とするとelementにhogeというCSSクラスが指定されている場合は削除し、そうでない場合は追加する

ということが可能です

 

これを見つけるまでにかなりの時間を要しました・・・

知っていればすぐなのにね

 

おわり