【macOS/Chrome】Webcamが黒画面になる問題 暫定解決法

2022年11月22日未分類

こんにちは、しきゆらです。
数か月前にちらほら書いていた問題について、暫定的な解決方法があったのでメモしておきます。
いかに、書いていた記事を貼っておきます。

【macOS/Chrome】meetでLogicool Rallyカメラが使えないので問題を切り分けしてみた
【macOS/Chrome】Webcamが黒画面になる問題 続報

前回の記事から、macOSがVenturaに更新されたりとちょっと変わったりしていますが、相変わらずカメラが真っ暗のままです。


暫定的な解決方法

普段通りカメラとmacを接続し、meetを開き会議に参加します。
参加したのちmeetの設定を開き、サイドバーの「動画」から「送信時の解像度(最大)」の項目で「標準画質(360p)」か「低解像度(180p)」を選ぶとカメラが映るようになりました。

なお、「自動」や「高解像度(720p)」を選ぶと真っ暗なままなのは相変わらずでした。

ということで、とりあえずカメラが映ればよい、という場合は送信時の解像度を「標準解像度(360p)」以下に設定すれば良いようでした。

まとめ

今回は、過去何回か投稿していたmac + chrome + 特定のWebカメラを使ったときに、カメラが真っ暗で映らない問題の暫定的な対応方法を見つけたのでメモしました。

今回は、ここまで。
おわり

未分類

Posted by shikiyura