Windows,環境構築

こんにちは、しきゆらです。
今回は、先日1.0 になったWindows TerminalさんをUbuntuのターミナルっぽくしてみたのでメモしておきます。

以前、MacのターミナルをUbuntuのターミナルっぽくする記事を書きましたが、そのWindows版ですね。

Windows TerminalさんをUbuntuのターミナルっぽくしたくて調べてみたところ、海外のサイトで配色の情報をまとめてくれているところがありました。
https://superuser.com/questions/497240/ubuntu-purple-terminal-colors-in-conemu | windows – Ubuntu purple terminal colors in ConEmu – Super User
そこを参考に、Windows Terminalさんの設定をしています。

では、いかにUbuntuっぽいカラースキーマをドーン。
久々に設定ファイルを覗いたのですが、割とわかりやすくなっていますね。
少し前に見たときは、色を配列にぶち込んであるだけで、どれがどこに対応しているのかわかりにくかったのですが、
きちんと色の名前をキーとして設定できるようになっていました。

"schemes": 
[
  {
    "name" : "Ubuntu Like",
    "cursorColor": "#FFFFFF",
    "selectionBackground": "#FFFFFF",
    "background" : "#300A24",
    "foreground" : "#CCCCCC",
    "black" : "#2e3436",
    "blue" : "#3465a4",
    "cyan" : "#06989a",
    "green" : "#4e9a06",
    "purple" : "#75507b",
    "red" : "#cc0000",
    "white" : "#d3d7cf",
    "yellow" : "#c4a000",
    "brightBlack" : "#555753",
    "brightBlue" : "#729fcf",
    "brightCyan" : "#34e2e2",
    "brightGreen" : "#8ae234",
    "brightPurple" : "#ad7fa8",
    "brightRed" : "#ef2929",
    "brightWhite" : "#eeeeec",
    "brightYellow" : "#fce94f"
  }
],

あとは、上記のスキーマを良しなに適応してあげればOK。

{
  "guid": "{xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx}",
  "hidden": false,
  "name": "Ubuntu",
  "colorScheme": "Ubuntu Like", // ここに指定してあげればOK
  "source": "Windows.Terminal.Wsl"
}

これにて、Windows TerminalさんをUbuntuのターミナルっぽくすることができました。
あとは、プロンプトを良しなに設定したりすればよいですね。

ようやくWindowsでもまともなターミナルが使えるようになりました。
ターミナルがまともになったので、Macに移行していた開発環境をWSL上に作ってもよさそうですね。
WSL自体も改良されているのと、Windowsとの親和性も向上するようなので、本格的に開発環境をWindowsで構築してもよさそう。
いい時代になりました。

 

さて、今回はここまで。

おわり

JavaScript,Ruby,Windows,環境構築

こんにちは、しきゆらです。
今回は、SimpackerというGemを使ってサーバ・フロント両方が良しなに動いてくれる環境を整えていきます。

今回はWSL2環境にUbuntuを入れ、そこで動かすことを想定しています。

Linux,Windows,環境構築

こんにちは、しきゆらです。
Railsと戯れ始めたわけですが、MySQLを動かすために結構時間がかかってしまいました。
serviceで自動起動する方法がわからず、毎回service mysql startとして起動しています。

さて、今回はserviceコマンドを使ってMySQLを立ち上げようとしたときにおこった問題と解決方法をメモしておきます。

 

Ruby,Windows,環境構築

2020/08/19 追記

こちらの記事が割と検索に引っかかってみてくれているようなので追記しておきます。
最近関連した記事を追加したので、よろしければこちらもどうぞ。
【Ruby/Win】Windows上のAtomからWSL2上のrubocopを利用する 2020年版

本文

こんにちは、しきゆらです。
今回は、Windows上でRubyの開発環境を整える方法をメモしておきます。

以前までは、DockerやWSLを使って開発ができそうな状態までをメモしてきました。
しかし、少し前に画期的なものがMicrosoftから発表されました。
そう、WSL2です。

以前までのWSL(以下、WSL1)から大きく改善され、個人的には普段使いできるのでは?という状態までなっています。
今回は、WSL2を導入してWindows上でRuby環境を構築、rubocopで変なコードを怒ってもらうところまでをまとめます。

Windows,環境構築

こんにちは、しきゆらです。
今回は、Windowsで開発環境を整えていきます。
Windows環境での開発環境としてWSLを使って環境を整えていこうと思います。

 

Windows,環境構築

こんにちは、しきゆらです。
今回は、Windows環境にDockerを導入していきます。

環境は、前回まで作成していた自作PC環境です。
詳しい内容は、「【Win】なんとなくデスクトップPCを組んでみた パーツ選び編」を参照ください。

 

はじめに

WindowsでDockerを利用するには、Pro版のWindows10を用いるのが一般的なようです。
しかし、Home版ではDockerを使えないか、といえばそうでもありません。
皆さんおなじみ、VirtualBoxを使ってそれっぽく使うことができるようです。

まずは、Windows10 home環境にDockerをインストールして実行してみます。
基本は、Docker公式サイトにある記事をもとに進めていきます。
https://docs.docker.com/toolbox/toolbox_install_windows/

 

Mac,環境構築

こんにちは、しきゆらです。
今回は、ターミナルのシェルをbashからfishへ変更したので、その方法などをメモしておきます。
シェルに関しては、下記サイト等調べると様々な情報が出てくるのでそのへんで確認してみてください。

  1. シェルとは・・・

シェル(shell)とは、UNIX系OSでコマンド操作の基本的なルールを示すもののことです。

シェル入門

今回は、複数あるシェルの中でもfishというものを導入していきます。

Mac,環境構築

こんにちは、しきゆらです。

今回はGithubを使うための下準備の部分をメモしておきます。

 

主な内容は、以下の通り。

  • Githubとの連携のための公開鍵作り
  • 公開鍵の登録方法
  • ssh/configファイルの設定

 

公開鍵づくり

この部分は、Githubに限らずSSH接続するような場合によく行う作業なので、覚えておきたい内容ですね。

以下、全てMac環境で行っていきます。

 

以下コマンドで、鍵の生成を行います。

ssh-keygen -t rsa -b 4096

最低限rsa指定は必要です。

「-b 4096」部分に関しては、鍵のbit数になります。

このサイズは、簡単に言えば鍵の強度の部分になります。

参考

SSHでリモートホストに接続する前にやっておくと便利なことは? ssh-keygenコマンド – @IT

2017年版 SSH公開鍵認証で使用する秘密鍵ペアの作り方 – Qiita

 

今は2048bitがデフォルトで生成されるようですが、計算機性能が上がっているので高めに指定しておくと良いかと。

 

実行したときの流れは以下の通り。

$ ssh-keygen -t rsa -b 4096
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/ユーザ名/.ssh/id_rsa): Enter passphrase (empty for no passphrase): 
Enter same passphrase again:

「Enter〜」の部分は入力を求められます。

面倒であれば3回何も入力せずEnterを押すと終わり。

 

重要なのは、一番はじめのファイル名。

デフォルトでは「/Users/ユーザ名/.ssh/」という場所にid_rsaとして生成されます。

しかし、複数の鍵を生成する場合は名前をつけて分けておく必要があるでしょう。

ということで、今回はファイルを「github_rsa」として生成しました。

 

これにて、公開鍵づくりは完了です。

 

次からは、作成した鍵をGithubへ登録していきます。

 

Mac,環境構築

こんにちは、しきゆらです。

今回は、Githubにあるブランチのすべてをローカルリポジトリへpullしてくる方法を知ったのでメモしておきます。

 

状況

まずは、こんなことをしようと思った経緯をメモしておきます。

先日、メインで利用しているMacbook ProのOSアップグレードをしました。

はい、「High Sierra」から「Mojave」へのアップグレードです。

 

毎回、OSの名前が変わるたびにクリーンインストールしていた私。

今回も例に漏れず、アップグレード後にクリーンインストールしました。

SSDによりPC本体に記録できる容量がHDDに比べて少なくなりましたが、オンラインストレージ等のおかげでほぼ不便なく利用できています。

Mac標準のiCloud、Windowsでも利用しているOneDrive、普段遣いのDropboxと3つを併用しています。

基本的なファイルは、これらの場所においているため、クライアントソフトをインストールすればすぐに利用できるようになります。

 

開発しているプログラムも、殆どはGit/Githubで管理しています。

そこで、クリーンインストールした後homebrewでGitをインストール。

あとはGithubからリポジトリをcloneしてくれば全て解決。

・・・と思ったら、デフォルトでクローンしてくれるのはmasterブランチだけなんですね。

知らなかった。

 

・・・長々と書いてきましたが、ここまでが前置き。

Githubにあるmaster以外のブランチを全てローカルリポジトリにpullしたい。

ということで本編です。

 

解決方法

本編のほうが短いです。

なんと3回コマンドを打つだけなので。

 

調べてみると、こんな記事が。

全部ランチをリモートリポジトリからpullする – Qiita

https://qiita.com/muraikenta/items/e590a380191971f9c4c3

まさにほしい情報でした。

古い記事でしたが、この手順で完了できました。

$ for remote in `git branch -r`; do git branch --track ${remote#origin/} $remote; done
$ git fetch --all
$ git pull --all

何をやっているのかよくわかりません。

git branch -rでリモートのブランチを取得し、--trackの部分はわかりませんが、取得したブランチ全てを指定しているのかな?

そして、fetchとpullして取得。

・・・わからん。

 

まとめ

調べてみると、やはり似たようなことをしたい人がいて一安心。

GitやGithubはそれなりに使っていましたが、未だによくわからない部分が多いです。

特に、pullとかcloneとか。

プルリクエストもいまいちわかっていません。

まぁ、基本的に1人で使うことが多いので使う部分が限られるのですが・・・。

 

では、前置きが本編の記事でした。

今回はここまで。

おわり

Mac,Ruby,環境構築

こんにちは、しきゆらです。

 

Railsアプリをデプロイする時は、Capistranoというツールを使うのが一般的なようです。

これは、gitにRailsアプリを公開しておくと、それをもとにしてデプロイ作業をやってくれる便利なものです。

早速、使い方を見ていきます。