【Windows Terminal】Ubuntuのターミナルっぽくする

こんにちは、しきゆらです。
今回は、先日1.0 になったWindows TerminalさんをUbuntuのターミナルっぽくしてみたのでメモしておきます。

以前、MacのターミナルをUbuntuのターミナルっぽくする記事を書きましたが、そのWindows版ですね。

Windows TerminalさんをUbuntuのターミナルっぽくしたくて調べてみたところ、海外のサイトで配色の情報をまとめてくれているところがありました。
https://superuser.com/questions/497240/ubuntu-purple-terminal-colors-in-conemu | windows – Ubuntu purple terminal colors in ConEmu – Super User
そこを参考に、Windows Terminalさんの設定をしています。

では、いかにUbuntuっぽいカラースキーマをドーン。
久々に設定ファイルを覗いたのですが、割とわかりやすくなっていますね。
少し前に見たときは、色を配列にぶち込んであるだけで、どれがどこに対応しているのかわかりにくかったのですが、
きちんと色の名前をキーとして設定できるようになっていました。

"schemes": 
[
  {
    "name" : "Ubuntu Like",
    "cursorColor": "#FFFFFF",
    "selectionBackground": "#FFFFFF",
    "background" : "#300A24",
    "foreground" : "#CCCCCC",
    "black" : "#2e3436",
    "blue" : "#3465a4",
    "cyan" : "#06989a",
    "green" : "#4e9a06",
    "purple" : "#75507b",
    "red" : "#cc0000",
    "white" : "#d3d7cf",
    "yellow" : "#c4a000",
    "brightBlack" : "#555753",
    "brightBlue" : "#729fcf",
    "brightCyan" : "#34e2e2",
    "brightGreen" : "#8ae234",
    "brightPurple" : "#ad7fa8",
    "brightRed" : "#ef2929",
    "brightWhite" : "#eeeeec",
    "brightYellow" : "#fce94f"
  }
],

あとは、上記のスキーマを良しなに適応してあげればOK。

{
  "guid": "{xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx}",
  "hidden": false,
  "name": "Ubuntu",
  "colorScheme": "Ubuntu Like", // ここに指定してあげればOK
  "source": "Windows.Terminal.Wsl"
}

これにて、Windows TerminalさんをUbuntuのターミナルっぽくすることができました。
あとは、プロンプトを良しなに設定したりすればよいですね。

ようやくWindowsでもまともなターミナルが使えるようになりました。
ターミナルがまともになったので、Macに移行していた開発環境をWSL上に作ってもよさそうですね。
WSL自体も改良されているのと、Windowsとの親和性も向上するようなので、本格的に開発環境をWindowsで構築してもよさそう。
いい時代になりました。

 

さて、今回はここまで。

おわり