【サービス比較】OneNoteとEvernoteを使ってみて、使い勝手を比較してみました

こんにちは、しきゆらです

今回はタイトル通り、OneNoteとEvernoteを使ってみて

それぞれの似ている部分、違う部分を簡単にまとめてみたものをメモ

 

Evernoteはこちら

OneNoteはこちら

 


 

似ている部分

どちらも、メモしたものをクラウド上に保存し、PCやスマホからアクセスして閲覧・編集ができるサービスですね

さらに、どちらもPC・スマホ等いろんなデバイス向けのアプリが出ています

 

 

また、どちらもWebページをクリップすることができます

EvernoteのWebクリッパー

OneDriveのWebクリッパー

あとで見返したり、管理するのに便利です

(しかし、その取り込み方法が少し異なります。これについては後述)

 

使ってみたイメージとしては

OneNoteは、

  • オンライン上でノートをとって整理している

Evernoteは、

  • テキストファイルを書くと、自動的にオンライン上にバックアップされる

というイメージですね

 

異なる部分

これに関して、もう一方と比較して良いと思う部分とよくないと思う部分があります

 

まずはEvernoteから

基本的には、テキストを保存する感じなので、シンプルで早い

いいと思う点

  • テキストエディタとほぼ同程度の機能 (操作や機能が複雑じゃない)
  • テキストなので、(体感的に)同期が早い
  • メモを「ノート」「タグ」の2種類の方法で管理できる
    • ノート:メモの塊に名前を付けるイメージ
    • タグ:そのメモの属性を指定するイメージ
  • Markdown記法(の一部)が利用できる
    • 非公式のものであれば、すべてをMarkdown記法で書けるアプリもある
  • 複数のメモを表示できる

memo

  • WebページやPDFをクリップすると、テキストとして扱われる
    • →そのページやファイルの中身を範囲指定したりできる
    • →クリップした中身をCtrl+fで検索できる
  • 他の人を紹介すると、有料プランに交換できるポイントをもらえる
  • ScanSnapというスキャナと連携できるっぽい
    • 使ったことがないのでよくわからない

 

よくないと思う点

どれも無料版に限った話です

  • 1か月に利用できるのは月60MBまで
    • そのかわり、保存できる容量は無制限
  • 同期できる端末は2台まで(Evernote – よくあるご質問: 端末に関して)
    • Webブラウザから閲覧するものに関してはカウントされない
  •  すべてのノートの中身から、文字列検索ができない
    • 検索するには、有料会員にならなければいけない

 

 

次に、OneNoteについて

いいと思う点

  • 本当のノートのような感じで使える
    • 文字を付箋のように自由に移動できる

どういうことかというと、以下のようにできる

onenote-0

どのようになっているかというと・・・

onenote-1

こんな感じで、「ここにメモする」グループと「ここにもメモ」グループに分かれているんです

(このグループのことを、テキストコンテナと呼ぶ)

これにより、コンテナごとに分かれているものに関しては自由に移動させることができます

例えば、上のように少し重ねていたものを・・・

onenote-2

こんな感じで組み替えることができます

  • メモを「ノート」>「セッション(ノートのしおり的なイメージ)」>「ページ」という風に管理できる
    • ページの中でも、「サブページ」というように分類できる
      • なお、一つ一つのメモは「ページ」という部分に当たる
  • 一つのページには大きさの制限がない
    • 添付できる画像等のサイズも制限がないようです
    • ただし、保存容量より大きいものは無理(後述)
  • Windows10には標準搭載されている
  • インストールできる端末に制限がない
    • Mac版も出ている
  • すべてのノートの中から、文字列検索できる
    • 検索範囲も細かく制限できる(すべてのノートから、特定のノートの中から)

 

よくないと思う部分

  • 同期が重い
    • テキスト情報以外にも、リッチな分同期に時間がかかるようです
  • 起動が遅い
    • 上に関連して、起動も遅い
    • Microsoftのソフトはたいてい起動がもっさりしているイメージ
  • ノートの大きさ制限がないため、印刷するときは注意が必要
    • 横に広いと、途中で途切れて複数枚で印刷されることも
    • 印刷する資料の作成には向かないかも
  • WebページやPDFをクリップできるが、画像データとして保存される
    • クリップしたものの中身を範囲指定したり、検索できない
  • 通信量の制限はないが、保存できる容量はOneDriveの容量分だけ
    • デフォルトだと15GB?
  • ローカルにファイルとして保存できない
    • 無料版では、すべてOneDrive上に保存されるようです
    • ローカルに保存するには有料プランを利用するしかなさそう

 

使ってみた感じだと、こんな感じですかね

なお、上でも書きましたがどちらにも有料プランがあります

Evernoteでは、通信量や機能追加

OneDriveでは、保存できる容量が大きい

という違いがありますね

 

どちらにもいい点、よくない点がありますが

使い方次第かと思います

例えば、

Evernoteはちょっとしたメモをためておく場所

OneDriveは情報を整理しておく場所

のような感じで使えるかと思います

 

この手の比較記事はいっぱい出ていると思うので

いろいろ見てみるといいと思います

それでは、今回はこの辺で

おわり