JavaScript,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

今回は超絶短くいきます

 

JavaScriptの配列をまっさらにする方法をば

array = [1,2,3,4,5];
array.length; // => 5
array.length = 0;  // => array は []となる

これは知らなかった

 

おわり

HTML/CSS,JavaScript,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

絶賛ブログ更新期間中ですよ、奥さん

 

タイトルから内容がわかるのかな・・・?

JavaScriptからHTML要素にCSSクラスを複数指定する方法を知ったのでメモ

HTMLに指定するクラスは、CSSクラスと表記します

JSで定義するオブジェクト的な意味でのクラスとは区別するため

 

CSSクラスを一つだけ指定するなら

element.className = "hoge";

でelementにhogeというCSSクラスを指定したことになります

しかし、

element.className = "hoge";
element.className = "fuga";

とするとhogeではなくfugaが指定された状態になってしまいます

<element class="hoge fuga">こんな要素はないよ</element>

という形にする場合は

element.classList.add("hoge");
element.classList.add("fuga");

とすると良いようです

 

なお、CSSクラスを削除する場合は

element.classList.remove("hoge");

とするとCSSクラスを削除できます

 

合わせて

element.classList.toggle("hoge");

とするとelementにhogeというCSSクラスが指定されている場合は削除し、そうでない場合は追加する

ということが可能です

 

これを見つけるまでにかなりの時間を要しました・・・

知っていればすぐなのにね

 

おわり

HTML/CSS,JavaScript,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

タイトルでは何を書きたいのかわからないかもですが・・・

 

JSでDOMオブジェクトを作る「document.createElement()」ですが

これでinputタグを作るとき、typeを指定しないとtextとして扱われるようです

 

そして、このinputタグにCSSを適用するために

input[type="text"] {
    border: none;
}

のような、inputタグのtypeに対してCSSを適用しても何も変化しませんでした

 

どうも、createElementで作成したinputをtype="text"として表示するのは

ブラウザ側が空気を読んで表示しているだけで

内部的には何も設定されていないことが原因のようです

 

なので、createElementでinputタグを作る時は

必ずtypeを指定しましょうね

・・・というお話でした

おしまい

 

JavaScript,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

CGIの記事からすでに2か月ほどたっていますが、クライアントからサーバへデータを送信する方法を見て行こうと思います

 

なお、この記事ではjQueryなどのライブラリを用いず、素のJavaScriptで書いていきます

 

JavaScript,jQuery,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

最近は講義の一部としてWebサイトを作っています

そんな中でスクロールしたときに、ヘッダーのメニュー(所謂、ナビゲーションバー?)を画面上部に固定させたいと思いJavaScriptで実装していました

その時に、躓いてしまった部分がタイトルの通り「scrollTop」の値が常に0を返してしまい思うような挙動になりませんでした

それについて、メモしておきます

 

JavaScript,jQuery,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

今回は技術評論社から出版されている「jQuery本格入門」という本の内容をまとめて行きたいと思います

 

Amazonリンク

[amazonjs asin="4774169900″ locale="JP" title="改訂新版 jQuery本格入門"]

先日のインターンシップで少し触ったので、もう少し触れてみようと思ったわけです

普通のJavaScriptで書くよりも手軽だったりするんで、見てみましょう