HTML/CSS,JavaScript,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

タイトルでは何を書きたいのかわからないかもですが・・・

 

JSでDOMオブジェクトを作る「document.createElement()」ですが

これでinputタグを作るとき、typeを指定しないとtextとして扱われるようです

 

そして、このinputタグにCSSを適用するために

input[type="text"] {
    border: none;
}

のような、inputタグのtypeに対してCSSを適用しても何も変化しませんでした

 

どうも、createElementで作成したinputをtype="text"として表示するのは

ブラウザ側が空気を読んで表示しているだけで

内部的には何も設定されていないことが原因のようです

 

なので、createElementでinputタグを作る時は

必ずtypeを指定しましょうね

・・・というお話でした

おしまい

 

Linux,プログラミング,環境構築

こんにちは、しきゆらです

今回は、KororaというLinuxをWindows機にインストールしてデュアルブート環境を作ろう

という企みを書いていきます

Ruby,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

今回はメモ的なもの

 

今までは、コードを書いたら実際に実行していたんですが

変数や実行した結果を出力するためのコードを書くのが面倒に思っていたので

irbでデバッグを行うようになりました

 

その中で、自分で書いたコードを

require './hogehoge'

として読み込んでいました

(この時は、.rbなしでも読み込んでくれるんですね。初めて知った・・・)

しかし、requireは一度読み込んだ後にファイルを修正した時、再読み込みができません

その度に一旦exitしてirbを起動し直すのがめんどい・・・

 

ということで

load './hogehoge.rb'

として読み込むようにしてみました

(loadでは.rbまで入れないとだめっぽい)

この場合はファイルを修正し、もう一度上記コードを実行すると再読み込みができます

これにより、煩わしいものが少し軽減されました

 

・・・ということで

とても雑いですが、参考になれば

さらに、もっといい方法があれば教えていただければ幸いです

 

おわり

JavaScript,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

CGIの記事からすでに2か月ほどたっていますが、クライアントからサーバへデータを送信する方法を見て行こうと思います

 

なお、この記事ではjQueryなどのライブラリを用いず、素のJavaScriptで書いていきます

 

Ruby,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

 

前回の記事で木構造を作るプログラムを書きましたが、子ノードの追加がわかりにくかったのですこし変更しました

なんで、前回の追加の仕方だったのかなどを合わせてメモしておきます

 

Ruby,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

 

今回は、Rubyで木構造を作ってみたので書いておきます

 

Ruby,プログラミング,環境構築

こんにちは、しきゆらです

今回は、Windows環境の中に仮想環境としてUbuntu15.10をインストールし、そこにRubyをコンパイルしてみたいと思います

前回の記事で、Windows環境でemacsを使ってコーディングできる環境を作ったわけですが、結局Rubyのgemやら、emacsの中のPathが微妙に変、という不満が積もり積もって

結局Windows上で環境整えるより、Linux上で環境を整えたほうがこの先楽なのでは・・・?

と思ったので仮想環境上にUbuntuをインストールしました

では、必要となる依存ライブラリから見て行きます

エディター,フリーソフト,プログラミング

今回はWindows環境のEmacsの設定ファイルについて書いていきます

 

Windows上では、設定ファイルは「C:/Users/ユーザ名/.emacs.d/」内に置いておけばいいようです

(.emacs.dがなければ作成してください)

その中に、「init.el」ファイルを作成し、設定を書いていきます

 

現在の私の設定ファイル

;;; 行番号を表示
(global-linum-mode t)
;;; ファイルのエンコーディングをUTF-8にする
(set-locale-environment "utf-8")

;;; 初期画面を表示しない
(setq inhibit-startup-message t)
;;; 1行ずつスクロールする
(setq scroll-step 1)
;;; カッコの対応をわかりやすく表示する
(show-paren-mode t)
;;; #のバックアップファイルを作成しない
(setq make-buckup-files nil)
;;; 警告音を出さない
(setq visible-bell t)

show-paren-modeは、Rubyのdo ~ endなどもハイライトしてくれました。すごい!

 

そして、設定を書いて保存し、再起動すると反映してくれます

また、再起動させなくても

M-x eval-buffer

とすると、反映してくれます

 

この他、「俺はこういう設定してるぜ!」とか、「こういう設定便利ですよ」など教えてほしいです

 

おわり

エディター,フリーソフト,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

今回は、Emacsというエディタを使ってみたのでその辺をまとめて行きます

 

簡単な経緯を

今まではAtomさんをメインに使っていましたが、重かったり動作が不安定だったりするので

軽量で高性能なエディタがほしくなったわけです

こうなると、Sublime Textが候補に挙がりますが、(インストールはしてあるけど)どうも好きになれずに却下

いろいろ探した結果Emacsに至ったわけです

 

Ruby,プログラミング

こんにちは、しきゆらです

今回は、Windows64bit環境でSQLite3を使えるように設定していきます