JavaScript,Ruby

こんにちは、しきゆらです。
今回は、flatMapの処理の中で不要な要素が出てきた場合にそれを排除する方法を知ったのでメモしておきます。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Array/flatMap
こちらのページの「map()のアイテムの追加と削除」の項目にある通り、
処理の中で空配列([])を返すと、その要素の処理を削除することができるようです。

let array = [1,2,3,4,5,6,7,8];
array.flatMap( (item) => {
    if (item % 2 === 0) {
        return item * 2;
    } else {
        return [];
    }
})
// => [4, 8, 12, 16]

JavaScript,Linux,環境構築

こんにちは、しきゆらです。
今回は、以前紹介したasdfを使ってNode.jsをインストールし、個人的によく使っているYarnも使えるように環境を作っていきます。

なお、Node.jsのインストールはすぐ終わったのですがYarnのインストールとか諸々に至るまでに紆余曲折ありました。
まずは、インストールして環境構築までの流れをまとめます。
その後に、紆余曲折部分をメモしておきます。
必要なコマンドだけよこせ!という方は、以下の「環境構築の流れ」を参考にしてみてください。

環境構築の流れ

コマンド自体の使い方等はそれぞれのツールのサイト等で確認してください。

# node用のプラグインを追加
asdf plugin add nodejs

# nodeをインストール
asdf install nodejs latest

# システム全体で使うバージョンを指定
asdf global nodejs latest

# yarnを使う準備
corepack enable

# asdfの再構築
asdf reshim nodejs

これにて、環境構築は終了です。

yarnの手順が以前とだいぶ変わりましたが、npmで個別にインストールせずにパッケージマネージャを管理する仕組みが入ったようです。
そのおかげで手順がさっぱりしました。

では、前述の通り環境構築の紆余曲折や各ドキュメントを見ながらの細かい話は以下にまとめていきます。

Ruby

こんにちは、しきゆらです。
今回は、Ruby2.7から3.1.2に更新したらいろいろ変わっていたのでメモしておきます。

変わったことに気づいたのは、タイトルにあるrubocopを回したら怒られたからでした。
ということで、怒られたrubocopの項目とRubyの更新点を今更ながら記載しておきます。

Linux,Ruby,Rust,環境構築

こんにちは、しきゆらです。
今回は、だいぶ旬に乗り遅れた感がありますが、言語等のバージョン管理をasdfに乗り換えたので導入方法や使い方をメモしておきます。

導入の経緯

導入に経緯を一応書いておくと、私はPCの組み換えやOS不調等で、結構な頻度でクリーンインストールをします。
そのたびにRubyをインストールするためにrbenvを導入し、Nodeを使うためにnを導入し、ということを毎度行っていました。
この作業をあまり意識せずにやっていたのですが、先日ふと面倒だなと思うようになりました。
というのも、それぞれ年に数回程度の頻度でしかやらないので、毎度インストールするタイミングで調べて手順をなぞる、というのが知識にもならず無駄に時間がかかるだけなのでは、という風に思ってしまいました。
この辺を解決するツールはないのか、調べてみると、今回使った「asdf」というのがあるということを知ったので触ってみた、という感じです。

JavaScript,Windows,環境構築

こんにちは、しきゆらです。
今回は、タイトルの通りWSL2からclaspを使おうとするとofflineと怒られる問題が起こったのでこれを回避する方法をメモしておきます。

気が付くとWSL2からclasp pushをしようとすると、以下のようなエラーが出てしまってプッシュできない状態になっていました。
よくわからないですが、たまにプッシュできたりするので何が悪いのかよくわかりません。
WSLをインストールしなおしたりしても解決しませんでした。
また、調べてもそれっぽい生地が出てこないので「おま環」ぽい気がしています。

さて、これではWSL内で書いたGASをプッシュできません。
これを回避する方法をメモしておきます。

回避方法は単純で、Docker上からclasp pushをするだけ。
調べてみると、結構DockerでGASを管理したい人がいるようで、情報がそこそこありました。
ということで、プロジェクト諸々をDocker上にマウントしてコマンド実行できるようにしていきます。
なお、ここではGASをTypeScriptで書いたのちWebpackでビルドしたものをclaspコマンドでプッシュする流れです。
参考: https://qiita.com/rei-ta/items/61b3fde6a069b77d335d

JavaScript

こんにちは、しきゆらです。
今回は、JS/TS環境でテストを書いて実行できる環境を作る手順をメモしておきます。

個人的に、JSの世界は定期的に天変地異が起こってこれまでデファクト的なツールが使われなくなるイメージがあり、あまり追えていないのが現状です。
そんな中、GASを書くことが増えた影響でJavaScript/TypeScriptを書くようになり、JS側の環境構築をちょこちょこやることが増えたのと、テストを書きたいと思って毎回同じことを調べている気がしたのでここに残しておこう、という魂胆です。

JavaScriptのテストフレームワーク

そもそも、JSのテストフレームワークにはどんなものがあるのか、というところからわからなかったのでちょっと調べてみました。
調べてみると、最近はJestというものが強いらしいです。

参考: https://2021.stateofjs.com/ja-JP/libraries/mobile-desktop/

なお、上記サイトではグラフィカルにJSの環境について知ることができるので、暇な時に見てみると面白いかもしれません。

Ruby

こんにちは、しきゆらです。
前回から2か月ほどたっていて驚いている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

今回は、ちょっと前に書いた「【Ruby】YAMLに環境変数を埋め込む」で任意の文字列を環境変数に置換する方法をメモしましたが、そのちょっと発展した話です。
タイトル通り、YAMLにローカル変数を埋め込むにはどうすればよいかなぁ、と思って調べてみたら何とかなったのでちょっとメモしておきます。

Electron,HTML/CSS,Windows,プログラミング

こんにちは、しきゆらです。
今回は、最近遊んでいるElectronで詰まったところをメモしておきます。

Electronとは、というところはググればいろいろ出てくるのであまり書きません。
個人的には、Webの技術でデスクトップアプリを作れる便利ツールという認識です。

さて、まずcontextBridgeとは何ぞや、というところですが、私もちゃんと触り始めたのは最近なので詳しくはないので書きません。
(というか、書けません)
詳しくは公式ドキュメントあたりを見てくださいな。
https://www.electronjs.org/docs/api/context-bridge
https://www.electronjs.org/docs/tutorial/context-isolation

個人的理解では、レンダラープロセスからNode関連を使うために、扱える範囲を絞るための機能というイメージです。

では、contextBridge経由でAPIを公開するところで詰まったところと、解決方法をメモしていきます。

なお、実行環境等は以下の通り。

  • OS: Ubuntu 21.10 on WSL2
  • electron: 13.1.7
  • webpack: 5.45.1

JavaScript

こんにちは、しきゆらです。
最近はGASをよく書いています。

そんな中、GASを書いていて困るのは「コードにパスワードとかを直書きしたくない」ということ。
環境変数のようなものがあればいいのに・・・と思っていました。

探してみると、一応それっぽいものは用意されていました。
それが、PropertiesServiceというもの。
ドキュメント:https://developers.google.com/apps-script/reference/properties/properties

こいつを使えば、コードに書きたくない隠しておきたいものを置いておくことができます。

ということで、今回はPropertiesServiceの設定方法や使い方をメモしておきます。

Ruby

こんにちは、しきゆらです。
毎年12~2月は気分が落ち気味で何も手がつかない時期なんですが、今年は何もできてませんでした。
気が付いたら、前回の更新が11月ということに驚いています。

さて、今回はタイトルの通りYAMLに環境変数を埋め込みたいなぁと思って何とかしたのでメモしておきます。
YAMLは設定ファイルなどでよく作りますが、Gitで管理したいが重要項目は共有したくないことはよくあるかと思います。
こんな時、YAMLファイルを知っていそうな人経由で回していく運用とかをしているところもあるかもしれませんが、ずっとうまく回るわけはありません。
ということで、YAMLに必要項目を記載しておき、チーム内だけで見れるところに必要な情報を置いておけばよいだろう、という考えです。

方針としては、ファイルにそれっぽいマーカーをつけて置き、ファイル読み込み時に環境変数と置換してYAMLオブジェクトを作る感じです。
例としてはこんな感じ。

# YAMLファイルを文字列として読み込み
yaml_str = File.read("path/to/yaml.yml")
# ${ENV_VARIABLE}形式で埋め込んだ環境変数を置換する
yaml_str.gsub!(/\${\w*}/) do |matched|
  ENV[matched.gsub(/\W*/, "")]
end
 
# YAML文字列をオブジェクトに変換
YAML.safe_load(yaml_str, symbolize_names: true)

実際に挙動を見てみます。
上記のスクリプトを適当なメソッドにして動かしてみます。

 irb(main):001:1* def test(yaml_str)
 irb(main):002:2*   yaml_str.gsub!(/\${\w*}/) do |matched|
 irb(main):003:2*    ENV[matched.gsub(/\W*/, "")]
 irb(main):004:1*  end
 irb(main):005:1*
 irb(main):006:1*  YAML.safe_load(yaml_str, symbolize_names: true)
 irb(main):007:0> end
 => :test
 irb(main):008:0> test("token: ${SERVICE_TOKEN}")
 => {:token=>nil}
 irb(main):009:0> ENV["SERVICE_TOKEN"]
 => nil
 irb(main):010:0> ENV["SERVICE_TOKEN"] = "hogehoge"
 => "hogehoge"
 irb(main):011:0> ENV["SERVICE_TOKEN"]
 => "hogehoge"
 irb(main):012:0> test("token: ${SERVICE_TOKEN}")
 => {:token=>"hogehoge"}

${SERVICE_TOKEN}という文字列を環境変数の置換して、hogehogeという値を埋め込むことができています。
マーカーは自分で定義しているので、正規表現が書ければ好きな形式で表現できます。
本来はerbとかを使って埋め込んだほうがいらないバグが起きないかと思いますが、中でやっていることはこんな感じなので知っておくと便利かと思います。

今回は、ここまで。
おわり